早漏改善に効果的なリドカインについて

早漏は改善することができないとこれまでは思われてきました。
トレーニング法はありますが、それは画期的な方法とは言えなかったのです。

しかし最近は薬を使った治療をすれば改善できることが分かっています。

薬の種類は1種類ではない
早漏になっている原因はなんでしょうか。人によってその原因は様々ですが、その原因に合わせた方法があります。たとえば原因がペニスが敏感に刺激を受けることから来ているという人は、敏感に刺激を受けないような薬を使います。リドカインという薬がありますが、この薬は局所麻酔薬として医療業界では使用されているものです。何故早漏に局所麻酔薬が効果的なのかというと、刺激を受けやすい、敏感であるということは敏感ではないペニスにすればいいのです。敏感さをなくす、つまり麻酔をかけてその部分の感覚を麻痺させるという流れなのです。これによってペニスは感覚が鈍麻になりますので、フィニッシュに至ることが遅くなるという流れです。

脳の興奮によって伝わるのが早くてフィニッシュしてしまう人
原因のもう一つに、女性のしぐさや声に敏感に反応してしまって脳の興奮が早く伝わりフィニッシュするのも早いという人がいます。この原因には抗うつ薬を使います。うつ病の薬で脳を安定させる、落ち着かせる働きがある薬を使うことによって落ち着くので早漏を改善できます。フィニッシュまでの時間がこれまでより4倍から5倍は遅くなるという仕組みです。

薬を使用する際の注意点
塗り薬ですしリドカインに関しては副作用はそれほどありません。しかし塗りすぎると感覚があまりに長くないままになってしまいますので、何かと不都合はあるでしょう。そして女性の性器に入れる際にコンドームをしなければ、女性の性器にリドカインがつくことで、女性が不感症になることがあります。ですからコンドームは必ず付けることが原則です。抗うつ剤の副作用は色々と有り、場合によっては吐き気、不随意な運動を止められないといったこともあります。もし体に異変を感じたらすぐに服用をやめたほうがいいでしょう。

早漏を改善させる薬として効果が高い二種類の薬を紹介しました。とても効果がありますが、場合によっては、副作用もありますので十分に副作用には注意したいですね。